ナビゲーションを飛ばして本文に進みます

トップページ > 

喜多川歌麿 「芸者」


 ニウエから芸術作品の価値を称える新たなコレクションが登場します。日本の浮世絵をテーマに、江戸時代に活躍した有名な浮世絵師、喜多川歌麿の美人画3種を集めた銀貨3種セットが発行されました。

 江戸時代に成立した浮世絵は、一般的には多色刷りの木版画(錦絵)を指すことが多く、その題材は演劇、古典文学、和歌、風俗、地域の伝説、肖像、静物、風景、宗教など多岐にわたります。 高名な絵師の一点ものの肉筆画が高価であったのに対し、木版画は同じ絵柄のものを多く刷ることができるため、安価で一般大衆も手軽に入手できました。大衆文化の一部であった浮世絵版画は、当代の風俗を描く風俗画で、総合的絵画様式としての文化的背景を保つ一方、人々の日常の生活や風物などを多く描いています。はっきりした図柄と大胆な構図、影の表現を持たないこと等が表現上の特徴です。

 その浮世絵版画が流行りだした時代に、繊細・上品・優雅なタッチの美人画で人気を博したのが、日本が世界に誇る浮世絵師の一人、喜多川歌麿でした。

 各コインは、本物の浮世絵のようにカラーで描かれ、エッジのない仕上がりとなっています。是非コレクションに加え、浮世絵世界をコインでご堪能ください。


◆寛政三美人(当時三美人) 1793年頃

 寛政期に実在した評判の美人娘三人をまとめて描いた豪華な大首絵(美人などの上半身を描いたもの)です。手前二人は水茶屋の看板娘で、右が難波屋おきた、左はおきたと人気を二分していた高島おひさ、中央に吉原芸者の富本豊雛(菊本おはんの説もあり)が描かれています。浮世絵で描かれる女性の顔はどれも似ていて、この三人も典型的な歌麿美人で三つ子のようにそっくりですが、微妙に目の表情や鼻の形が違います。吊り目がちのおきた、つぶらな瞳のおひさなど繊細な個性の描き分けをみることができます。

◆婦女人相十品 ポッピンを吹く女
  1792〜1793年


 寛政4〜5年頃(1792〜1793)に発表された美人画シリーズ「婦女人相十品」のうちの1図です。ポッピンはビードロとも呼ばれ、江戸時代に流行ったフラスコ形のガラス製玩具です。息を吹き込むと薄いガラス底が「ポッピン」と鳴ります。「ビードロを吹く娘」ともいわれるこの作品は、艷かな赤い市松模様の振袖に身を包み、長い袂をひるがえしてガラスの玩具で遊ぶ、当時人気の町娘を描いた爽やかな美人画です。邪気がなくあどけない少女の様子を見事に描いた傑作で、バックの白雲母の中に、下町娘の愛くるしい姿が、淡彩で簡潔に描出されています。

◆櫛を持つ女 1785年頃

 この作品では歌麿の質感表現の繊細さが見られます。女性が鼈甲の櫛を顔の前にかざしていますが、櫛の表現がとても繊細で、櫛を通して口元がはっきりと見えます。この透かし技法は、歌麿の代表作の一つ『丁子屋雛鶴・雛松』における団扇と同じように、櫛を通して見える向こう側の女性を巧みに表現しています。櫛から透かして見える女性の顔は一際色っぽく感じられます。歌麿の作品は背景がないものが一般的ですが、この絵の背景は艶やかな色使いでエロティシズムに満ちています。





 喜多川 歌麿(宝暦3年:1753年頃〜文化3年:1806年)は、江戸時代の浮世絵の黄金期に、美人画絵師として活躍しました。国際的に知られる浮世絵師として、葛飾北斎と並び称されます。繊細で優麗な描線を特徴とし、さまざまな姿態、表情の女性美を追求した美人画の大家です。しかし、その生涯については詳しく分かっていません。鳥山石燕のもとで学び、寛政期に入って描き始めた「婦女人相十品」、「婦人相学十躰」などの「美人大首絵」で人気を博し、浮世絵美人画の第一人者としてその名を知らしめました。 歌麿は背景を省略して白雲母を散りばめ、それまで全身が描かれていた美人画を、顔を中心とする構図にして、人物の表情だけでなく内面や艶も詳細に描くことを可能にしました。歌麿は遊女、花魁、茶屋の娘など無名の女性ばかりを浮世絵に描きましたが、モデルの名前はたちまち江戸中に広まるなどし、歌麿の浮世絵は一つのメディアと化しました。

 これに対して江戸幕府は寛政の改革下、度々制限を加えましたが、歌麿は屈することなく対抗し、美人画を描き続け、常に新しい表現手段を模索しました。

 しかし、文化元年(1804)、豊臣秀吉を題材にした浮世絵「太閤五妻洛東遊観之図」(大判三枚続)を描いたことをきっかけに、風紀取締りの処分(一説に入牢3日、手鎖50日の刑)を受け、その二年後にこの世を去りました。開国後、作品の多くが国外に流出しており、ボストン美術館のスポルディング・コレクションには歌麿の浮世絵383点が所蔵されています。




▽共通面デザイン

※画像はサンプルです。
※中央の「ポッピンを吹く女」の表面にのみシリアル番号入


ニウエ発行
10ドル縁なしカラー銀貨3種セット

重量:各40.00g
品位:.999
サイズ:48.00mm×36.00mm
発行数:300セット
状態:リバースプルーフ

 




価格:63,000円(税込)
コインクラブ価格:60,000円(税込)




▲上に戻る