日本にほん記念きねんコイン誕生物語たんじょうものがたり
 






日本初にほんはつ記念きねんコイン!

昭和しょうわ39ねん(1964ねん)に開催かいさいされただい18かいオリンピック東京大会とうきょうたいかい会期かいき:10がつ10にち~10がつ24にち)を記念きねんして
100 えんと1000えん銀貨ぎんか発行はっこうされました。

これが じつに、日本にほん最初さいしょの「記念きねんコイン」でした。


1000えん銀貨ぎんか
  
重量じゅうりょう:20.00g/品位ひんい:.925/直径ちょっけい:35mm/発行数はっこうすう:1500万枚まんまい

100えん銀貨ぎんか
  
 重量じゅうりょう:4.80g/品位ひんい:.600/直径ちょっけい:22.50mm/発行数はっこうすう:8000万枚まんまい


日本にほんのおかねには、大判おおばん小判こばん中央ちゅうおうあないている古銭こせんの“穴銭あなせん”、
りゅうえがかれ人気にんきたかい“円銀えんぎん一円銀貨いちえんぎんか)”など、
様々さまざまなものがふるくから存在そんざいしますが、「記念きねんコイン」として誕生たんじょうしたのは、
東京とうきょうオリンピック銀貨ぎんか日本初にほんはつとなりました。
金融機関きんゆうきかん窓口まどぐちでの両替りょうがえという形式けいしき交付こうふされ、
1000えん銀貨ぎんか当日とうじつ昭和しょうわ39ねん10がつ2にち)には、 大行列だいぎょうれつ発生はっせい
れつひと喧嘩けんか発生はっせいするなど、警察けいさつ出動しゅつどうするほどのパニックとなり、たちまち品切しなぎれとなったのでした。

これを契機けいき日本国内にほんこくないでの「記念貨幣収集きねんかへいしゅうしゅうブーム」がこり、
大阪万博記念おおさかばんぱくきねんコイン」「札幌さっぽろオリンピック記念きねんコイン」も発行はっこうされ、いまいたるのでした。





オリンピック記念きねんコインの誕生秘話たんじょうひわ

オリンピック記念きねんコインの誕生たんじょうは、1952ねんにさかのぼります。ここにいたるまでには紆余曲折うよきょくせつがありました。
じつ東京とうきょうオリンピックの開催かいさいは、1940ねんに決まっていたのですが、
日中戦争にっちゅうせんそう影響えいきょう中止ちゅうしまり、
東京とうきょう次点じてんであったフィンランドのヘルシンキが予定よていされました。
ところが、第二次世界大戦だいにじせかいたいせん勃発ぼっぱつによって、こちらも中止ちゅうしに。
結局けっきょく1940ねんは、オリンピックが開催かいさいできなかったとしとなったのでした。

そして大戦後たいせんごの1952ねん、フィンランドは戦後せんご復興ふっこうげた記念きねんという意義いぎめて、
だい15かい ヘルシンキオリンピック」を開催かいさい
同時どうじに、世界せかい最初さいしょとなるオリンピック開催かいさい記念硬貨きねんこうか
「ヘルシンキ大会記念たいかいきねん500マルッカ銀貨ぎんか」を発行はっこうしたのでした。


ヘルシンキ大会記念たいかいきねん500マルッカ銀貨ぎんか

  

重量じゅうりょう:12.00g/品位ひんい:.500/直径ちょっけい32.00mm
発行数はっこうすう:1まん9000まい(1951ねん)、58まん6000まい(1952ねん


1964ねんには日本にほん東京とうきょうオリンピックの記念きねん銀貨ぎんか発行はっこうされ、空前くうぜん大人気だいにんきに。
発行はっこうによる収益しゅうえき大会運営費たいかいうんえいひてられました。この成功せいこうがきっかけとなり、
そののメキシコオリンピック(1968ねん)でも記念銀貨きねんぎんか大量たいりょう発行はっこうされました。

以降いこう、オリンピックの開催かいさいごとに記念貨幣きねんかへい発行はっこうされ
その収益しゅうえき大会運営費たいかいうんえいひてられる、ということが定着化ていちゃくかしました。

この歴史れきしがなければ、オリンピックの記念きねんコインは誕生たんじょうしていなかったのかもしれませんね。






デザインってどうやってまったの?


1964ねん東京とうきょうオリンピックの100えん記念硬貨きねんこうかのデザインは一般公募いっぱんこうぼされ、
3まん512てんもの応募おうぼあつまり、当時20歳とうじはたちで、8にん入選者中にゅうせんしゃちゅうただ一人ひとりデザイン経験けいけんのない素人しろうとだった前島昌子まえじましょうこさんによる、
聖火せいかやオリンピックシンボルマークをデザインにれた図案ずあんえらばれました。

また、1000えん銀貨ぎんかのデザインは、造幣局ぞうへいきょく工芸官こうげいかんがけ、富士山ふじさんさくらをモチーフにしたものとなっています。






2020ねん東京とうきょうオリンピック/パラリンピックの記念きねんコインは…

~引継ぎがテーマのハンドオーバーコイン~

いよいよ4年後ねんごせまった、2020ねん東京とうきょうオリンピック/パラリンピック。
記念きねんコイン発行はっこうプログラムについてもあきらかになってきました。

2016ねん9がつには、近年発行きんねんはっこうされるようになった
「ハンドオーバー(開催都市かいさいとし引継ひきつぎをテーマとする)コイン」の詳細しょうさい公開こうかいされました。

なんと日本初にほんはつとなる、両面りょうめんカラーのコインとなっており、たか注目ちゅうもくあつめそうです。
図柄ずがらは、オリンピック銀貨ぎんか表面おもてめんには「オリンピックさくらとイペー・アマレーロ」、
裏面うらめんには「東京とうきょう2020オリンピック競技大会きょうぎたいかいエンブレム」が、
パラリンピック銀貨ぎんか表面おもてめんには「パラリンピックさくらとイペー・アマレーロ」、
裏面うらめんには「東京とうきょう2020パラリンピック競技大会きょうぎたいかいエンブレム」が、それぞれデザインされています。

各銀貨かくぎんかのデザインを




2020年東京オリンピック/パラリンピック記念コインはどのような図柄になるのか、今から楽しみですね。

おしまい