ナビゲーションを飛ばして本文に進みます

日本最大級のコイン専門オンラインショップ

TAISEI COINS online shop.
  • カートを見る
トップページ >

カナダ建国150周年コイン特集

カナダ建国150周年 2017年7月1日、カナダは建国150周年を迎えます。



カナダには息を呑むほどの美しい景色があり、多様で象徴的な動植物が生活しています。

こ の記念すべき年に、カナダ王室造幣局と雑誌「カナディアン・ジオグラフィック」の共同制作によるカナダ建国150周年を記念するコインシリーズが誕生しました。

当シリーズは、カナダ各地を横断しながら、カナダ人の写真家たちによって撮影された自然の景色を切り取った全13種類のカラーコインとして発行されます。









 

自然写真家、ジム・カミングの写真をもとにデザインされました。

ハシグロアビが、オンタリオにある湖の表面を横切るように滑りながら、水中で上方に体を傾け、羽を広げています。

鮮やかな色彩を用いることで、原本の写真が持つ生命感を再現し、アビの特徴的なチェック柄の翼から、漆黒の頭部の下にある独特の白黒に至るまで詳細に捉え、オンタリオの湖の野生の美しさを真に伝えています。










自然写真家、Daniel Dagenaisによる写真をもとにデザインされました。
ケベック州の川を下るカヤックによる探検を、乗船者の視点で描いたものです。

澄んだ朝の空気の中、雲に覆われた朝日や険しい崖を包む霧が、静謐な雰囲気を醸し出しています。

明るいブルーのカヤックの船尾は、周りの自然が織り成す落ち着いた色合いのグリーンやグレーと、美しいコントラストを生み出しています。










 

ノバスコシア州の陸地と海の関係性にスポットライトを当てたデザイン。
写真家デール・ウィルソンが撮影した写真ををもとにノバスコシア州ペギー岬の海岸線が描かれています。

昇る朝日が東の地平線から大西洋の穏やかな海上に広がり、光の反射が冬の空を暖かく包み、柔らかな日差しは波で削られた入り江沿いの岩を照らし出しています。

1734年にフランス人入植者によってカナダ初の灯台がルイブール要塞に建設されて以来、岩の多い海岸線に沿って灯台がいくつも建てられてきました。

1868年に建設、1915年に再建された、ペギー岬を象徴する灯台は、この地のランドマークとなっており、世界で最も多く写真に収められている灯台の一つといわれています。










写真家、クロード・ベランジェが撮影した写真をもとに、ニューブランズウィックの河川に住むオオアオサギを描いています。

この河川は、カナダ沿海州全域の様々な生物の重要な生息地となっていることが特徴です












 

写真家、ジョン・シルベスターが撮影した写真をもとに、マニトバ州の田舎に見られる農地が美しい彩色でデザインされました。

手前にあるのは、夏の太陽に照らされた明るい黄色のキャノーラ畑。はるか向こうには複数の穀物貯蔵タンクが見え、頭上には紺碧の空が広がっています。










自然写真家アダム・ヒルによる写真をもとに、ノースウエスト準州の大自然の絶景をコインに再現しました。

大自然が生み出す最も美しい現象の一つ、カラフルなオーロラと、真夜中の太陽が静かに沈む様子を背景に、2機の水上飛行機がマッケンジー川の穏やかな水面に静止おり、その向こうにフォートシンプソン空港の灯が見えます。









 

写真家“ジェニー”ジャネット・スティーブンスが撮影した写真をベースに、グリズリーの名でも知られるハイイログマをデザイン。

スゲの草が生えた土手で休むこのハイイログマは、ブリティッシュコロンビア州の北西岸に生息しています。










連邦生誕の地であるプリンスエドワードアイランド州を取り上げ、絶景の広がる沿岸部に立つ歴史豊かな灯台の美しさを伝えます。

写真家ロバート・ハミルトンの撮影による写真をもとに、プリンスエドワード島東側にあるパンミュール島の海辺の風景をデザインしました。

夕陽に染まる同島の有名な赤色岩が、砂上に長い影を落としています。パンミュール島の草が生い茂る丘には、1853 年に建造された同州最古の木造灯台「パンミュールヘッド・ライトハウス」が建っています。










 

北緯60度線の北側を旅し、ユーコン準州の素晴らしい自然美の一端をデザインしました。

同州の州都ホワイトホースに位置するマッキンタイア・クリーク(入り江)の両岸を雪が覆い、穏やかな水面には沿岸の針葉樹が映りこんでいます。
冬の夜空を舞うオーロラが、緑やピンクの美しいグラデーションが自然の景観をさらに魅力的にしています。







サスカチュワン州の自然の中に見られる微笑ましい光景をデザインしました。

コインに描かれているのは、カナダ・サスカチュワン州のグラスランド国立公園近くの広大な大草原に佇むスイフトギツネの親子です。キツネの顔の特徴や毛皮の色模様、フサフサした尾の様子が伺えます。









 

ロッキー山脈の山々を含むアルベルタ州の表情豊かな光景をデザインしました。

有名なバンフ国立公園の山の景観が、ディテール豊かな彫刻の上に鮮やかなカラーで描かれています。
ボウ・サミット・ルックアウト(Bow SummitLookout)からの眺望は、眼下に広がる森林に覆われた渓谷を見晴らしています。











夜明けの美しいピンクと紫色を背景に、巨大な雪白の氷塊が「世界の氷山の首都」と呼ばれるニューファンドランド・ラブラドール州のトウィリンゲートの沖合、「アイスバーグアーリー(氷山通り)」を通過する様子が描かれています。

毎年4月から6月中旬まで、ニューファンドランド・ラブラドール州の沖合の水域では氷山が頻繁に見られ、世界有数の氷山の観光地になっています。









カナダ・ヌナブト準州のデヴォン島で行われるイヌイット・ドラムダンスを鮮やかなカラーで捉えています。

ヌナブト準州イカルイトの音楽家マシュー・ヌキンガクが民族衣装を身につけて大きなフレームドラム(キラウト)を掲げ、伝統的な歌を歌っている様子を映し出しています。背後の北極圏の風景は、金色に染まるツンドラ地帯が澄み切った青空の下で際立っています。






その他、カナダ建国150周年関連の記念貨も数量限定でお取り扱い中です。
是非この機会にお求めください。











  

▲上に戻る