ナビゲーションを飛ばして本文に進みます

日本最大級のコイン専門オンラインショップ

TAISEI COINS online shop.
  • カートを見る
 >  >  > ツバル 2014年 母の愛シリーズ 第2次 アジアゾウの母子 50セントカラー銀貨 プルーフ

ツバル 2014年 母の愛シリーズ 第2次 アジアゾウの母子 50セントカラー銀貨 プルーフ

商品番号:CTLS40005

ツバル 2014年 母の愛シリーズ 第2次 アジアゾウの母子 50セントカラー銀貨 プルーフ
クリックで拡大画像をご覧いただけます。
  • ツバル 2014年 母の愛シリーズ 第2次 アジアゾウの母子 50セントカラー銀貨 プルーフ
  • ツバル 2014年 母の愛シリーズ 第2次 アジアゾウの母子 50セントカラー銀貨 プルーフ
  • ツバル 2014年 母の愛シリーズ 第2次 アジアゾウの母子 50セントカラー銀貨 プルーフ
  • ツバル 2014年 母の愛シリーズ 第2次 アジアゾウの母子 50セントカラー銀貨 プルーフ
銀
品位:.999

在庫状況: 予約商品

この商品はお取り扱いを終了いたしました。

  • 送料無料
  • 販売価格  \8,400(税込)
  • コインクラブ会員価格  \8,000(税込)
  • コンビニ
  • 代引
  • カード支払い
  • 郵振
  • 銀行

長い鼻を絡ませて触れ合う母子の微笑ましい姿

人間に限らず、どんな生き物においても、母と子の絆は何ものにも代え難い、強く美しいものです。その母子愛を描く「母の愛」シリーズの最新貨が、パースミントから発行されました。第1弾のライオンの母子に続き、今回この心温まるシリーズの最新貨のデザインモチーフとして取り上げられたのは、アジアゾウの母子です。アジアゾウ(学名:Elephasmaximus)は、11種前後の存在が知られるアジアゾウ属の種ですが、現生種はアジアゾウ 1種のみとされています。メスは上顎の牙が口外に出ることはなく、オスもその多くが出ていません。スリランカ、インドなどの南アジアから、ラオス、ミャンマー、インドネシアをはじめとする東南アジア、中華人民共和国南端部まで、幅広く分布しています。約5500年前にはインダス川流域で運搬などに使役され、約3000年前から戦争の道具として利用されていたことが伝えられています。神話などによく登場し、地域によっては今でも宗教的儀式において利用されています。アジアゾウは、主に森林に生息し、メスと幼獣からなる群れを形成し、食物を求めて放浪します。植物食で主に草を食べ、木の枝、葉、樹皮、根、種子、果実なども食べます。体長5〜6メートル、最大体重6〜7トンで、出産直後の幼獣は体重50〜150キロです。この象の寿命は60?80年。近年は開発による生息地の破壊、乱獲などによって生息数は減少しています。1995年における生息数は推定4万頭前後。現代でも重機の代用として、不整地などにおける運搬労働力に利用されており、東南アジア地域の震災復興において重機の代わりに派遣されたことも有名です。繁殖形態は胎生で、一般的に5〜8年の間に1回繁殖するとされています。妊娠期間は約2年間(650日前後)、1回に1頭の幼獣を産みます。授乳期間も2年で、生後17〜18年で初産を迎えるものが多いようです。

コイン裏面には、アジアゾウの母親と子供が互いの長い鼻を絡ませてじゃれ合っている、微笑ましい姿が描かれています。「ASIAN ELEPHANT」の銘とパースミントのミントマーク「P」もデザインに入っています。今後発行されるシリーズでは、キリン、クマ、オランウータンの母子が取り上げられていく予定です。どうぞご期待ください。

■ケース入発行限度数:4,500枚

発行額面発行年重量直径品位材質状態発行枚数
ツバル50セント2014年15.591g36.6mm.999プルーフ6000枚