ナビゲーションを飛ばして本文に進みます

日本最大級のコイン専門オンラインショップ

TAISEI COINS online shop.
  • カートを見る

フランス 2014年 種を蒔く人シリーズ MDP創立1150周年 50ユーロ金貨 プルーフ <M042020036>

商品番号:CF1G40078

フランス 2014年 種を蒔く人シリーズ MDP創立1150周年 50ユーロ金貨 プルーフ <M042020036>
クリックで拡大画像をご覧いただけます。
  • フランス 2014年 種を蒔く人シリーズ MDP創立1150周年 50ユーロ金貨 プルーフ <M042020036>
  • フランス 2014年 種を蒔く人シリーズ MDP創立1150周年 50ユーロ金貨 プルーフ <M042020036>
  • フランス 2014年 種を蒔く人シリーズ MDP創立1150周年 50ユーロ金貨 プルーフ <M042020036>
  • フランス 2014年 種を蒔く人シリーズ MDP創立1150周年 50ユーロ金貨 プルーフ <M042020036>
銀
品位:.920

在庫状況: 販売終了しました!

こちらの商品は現在売り切れております。

  • 送料無料
  • 販売価格  \98,700(税込)
  • コインクラブ会員価格  \94,000(税込)
  • コンビニ
  • 代引
  • カード支払い
  • 郵振
  • 銀行

フランス国立造幣局の創立1150周年を祝う新シリーズ

「種を蒔く人」のイメージは、フランス貨幣史において1世紀以上の間、図案として使用されていました。最初に描かれたのは1897年で、フランスを代表する芸術家オスカー・ロティによるものでした。以来、「種を蒔く人」の女性像は流通貨に登場し、時代を超えて愛されています。2002年以降、「種を蒔く人」の姿は、一連の流通貨および記念コインに再び描かれています。また、そのイメージは1903年以来、郵便切手にも使われ続けています。

2014年、フランス国立造幣局は、創立1150周年を祝うために、「種を蒔く人」の新テーマのシリーズを発行し、7年間にわたりフランス史上最も重要なコインを取り上げていきます。

裏面に描かれるそのデザインは、古代のコインから着想を得て制作されるもので、単に複製するものではありません。それは、フランスの政治と経済の発展に大いに貢献したフランス通貨に対する賛辞となります。新テーマの第一弾として描かれるのは、864年に発行されたシャルル2世(禿頭王)のドゥニエ硬貨です。シャルル2世は864年、ピートル勅令に署名しました。これにより、王国内に初めて、公的な鋳造所が10カ所作られ、後世、それらの鋳造所が徐々に統合されていき、フランス国立造幣局が誕生することになったのです。

コイン裏面の背景には、ピートル勅令の複写があり、その上にパリで初めて鋳造されたドゥニエ硬貨の表面と裏面が刻まれています。描かれたコイン図柄の端には「PARIS 供廚箸△蠅泙后カール大帝の孫の一人であるシャルル2世の2という数字も見えます。ローマ皇帝の服装に身を包んだシャルル2世の肖像とラテン語のモットー「GLORIASIT XPO REGI VICTORIA CARLO」(栄光はキリストと共に、勝利はシャルル王と共に)という国王の刻印が、金貨3種と銀貨のすべてに押されています。表面には、オスカー・ロティによる「種を蒔く人」のデザインが描かれ、その周りをユーロ圏設立時の12カ国を象徴する12個の星が取り囲んでいます。

発行額面発行年重量直径品位材質状態発行枚数
フランス50ユーロ2014年8.45g22mm.920プルーフ1000枚