ナビゲーションを飛ばして本文に進みます

日本最大級のコイン専門オンラインショップ

TAISEI COINS online shop.
  • カートを見る

フィジー 2014年 午年 銀線細工コイン「馬」 1ドル銀貨 プルーフ

商品番号:CF3S40008

フィジー 2014年 午年 銀線細工コイン「馬」 1ドル銀貨 プルーフ
クリックで拡大画像をご覧いただけます。
  • フィジー 2014年 午年 銀線細工コイン「馬」 1ドル銀貨 プルーフ
  • フィジー 2014年 午年 銀線細工コイン「馬」 1ドル銀貨 プルーフ
  • フィジー 2014年 午年 銀線細工コイン「馬」 1ドル銀貨 プルーフ
銀
品位:.999

在庫状況: 在庫あり

  • 送料無料
  • 販売価格  \10,500(税込)
  • コインクラブ会員価格  \10,000(税込)
  • コンビニ
  • 代引
  • カード支払い
  • 郵振
  • 銀行

繊細な銀線細工を用いて馬の頭部をデザイン

伝統的な繊細加工技術の銀線細工(フィリグリー)を用いて中国暦の十二支を描く、ユニークな干支コインの最新貨が、フィジー諸島から発行されました。当コインシリーズは、今回の午年で4回目の発行となります。

来年2014年は午年にあたります。干支の馬について、日本にちなんだ話題でいえば、馬が朝鮮半島から日本に入ってきたのは3世紀頃とされています。すぐに軍事的に必要不可欠なものとなり、祭りなどでも、神の乗り物として欠かせないものになっていきました。平安時代には、願いを叶えるために、神の乗り物である「生きた馬」を奉納することが行われ始め、徐々に奉納品が「生きた馬」から、馬の絵を描いた板に変化していきました。これが絵馬です。絵馬は室町時代末期から盛んに行われるようになり、願いを叶えるための習わしとして、日本各地に広まっていきました。絵馬には、その時代の権力者によって作られ奉納された大絵馬と、庶民が奉納した小絵馬があります。大絵馬は高名な絵師によるものが多く、小絵馬は絵馬屋と呼ばれた職人絵師によって作られ、「民画」として美術的に優れたものも残されています。絵馬の風習は、現代まで引き継がれ、私たちと馬との古くからの関わりの象徴といえるかもしれません。

今回発行されるエレガントな銀細工コインは、中央に手作りの銀線細工でできた馬の頭部が収められており、コイン裏表の両面から馬の頭部を見ることができます。裏面には銀線細工を囲むように、様々な馬の頭部図柄がデザインされています。銀線細工とは、繊細な手づくりの宝石加工の一種で、人間の髪の毛の太さぐらいの細い銀のワイヤーを使って描く細かい模様が特徴です。これを作るには極めて難しい技術が必要とされます。銀線細工の技術は数千年前から宝石加工に用いられてきましたが、コイン鋳造に採り入れられたのは、当シリーズ1作目の「卯年」コインが世界で初めてのことでした。

発行額面発行年重量直径品位材質状態発行枚数
フィジー1ドル2014年20.50g38.61mm.999プルーフ2500枚