Home > 2.コイン収集 > 世界の名品珍品 Archive

世界の名品珍品 Archive

モナコ・アルベール王子御成婚記念2ユーロ貨

こんにちわ。

本日は海外より入手した最新の情報を・・・・

昨年モナコより発行された、アルベール王子御成婚記念2ユーロ貨プルーフ貨は、発売当初から250~300ユーロで販売されていたそうです。

 

↓モナコ2011年記念2ユーロ貨プルーフ

弊社でも販売を検討致しましたが、あまりの高値に断念したしだいです。

今回、この記念2ユーロ貨と通常の2ユーロが入ったロールのオファーを頂きましたが、タイミングが遅すぎたため販促するのは断念しようと思います・・・・(T_T)

ただし、ご希望のお客様へは対応させて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい!

 

 

 

 

GHOST WHISPERER

ナマステー。ジョリーンです☆
気がついたらもう真夏じゃないの!梅雨も雨が少なかったし
早くも水部族がしんぱ・・・ていうか水不足ね(凄いタイプミス)
何よ水部族って。

唐突だけどジョリーン、海外ドラマを週に10本くらい録画予約して
コツコツ観ています。それ観すぎだろう。って声が聞こえてきそうだけど
いいのよ。なにげに勉強になったりするのよ?(言い訳)


そんなジョリーンが録画しているもののひとつ、
「ゴースト~天国からのささやき」を観ていた時のこと。

ストーリーの軸は、オバケとお話ができる主人公のメリンダが
オバケさんたちが何故この世に留まらなければならないのか、
心残りは何なのかをつきとめ、残された人たちとの交流の手助けをして
心の確執を取り除き、光の先に送ってあげるというものなのですが・・・

続きはクリック!

Continue reading

やっぱりフクロウがすき

こんにちは、泰星コインのジョリーンです。漢字で書くと「徐輪」になります。

ピンと来た方、お友達になりましょう(´∀`)

 

さて、早速ですがわたし、とても好きなモチーフがあります。

タイトルにもある「フクロウ」。

イギリスのとあるデザイナーズブランド、2006年の秋冬コレクションで

登場したデザインに一目ぼれしたのがそのきっかけでした。

owl.jpg

こちら日傘なんですけれど、一目見て稲妻が!

シーズン物ということは、いわゆる定番のデザインではないため

今買っておかないと同デザインに今後出会える確率はほぼゼロ・・・・!!!

 

というわけで「OWL」というこのデザインの商品、探しまくりました。

(といっても、シーズン終了間際だったためほとんどゲットできず・・)

今でも愛用しています(´∀`)

  

さて、あれから数年経ち

ご縁あって泰星コインでお世話になることに。

 

業務の中では色々と調べ物をすることも多く、

古代コインに描かれているモチーフについて

あれこれ検索をかけておりましたある日。

 

おや、この銀貨・・・・

アテネのドラクマ・・・・

ってこれ?!これはーーーー!!!!!

CZKS00158_1_s.jpg 

なにこれ!OWLじゃん!(いえ、OWLのがずっと後なんですけど・・・)

 

調べてみると、日傘のデザインもギリシャ神話に出てくるフクロウが

モチーフになっているとのこと。=ドラクマ銀貨のコレ?!

まさかこんなところで繋がるなんて!!目からウロコな気分でした。

いつかドラクマ銀貨も一つくらいゲットしたいなあ・・・と

ひそかな夢を抱くようになりました。

 

というわけで、わたしのお気に入りはとにかく「フクロウ」です!

皆さんのお気に入りのコインモチーフは何ですか?

これはぜひ!というお勧めがありましたら、ぜひ教えてくださいね(´∀`)

 

スウェ-デン

1リクスダ-レル銀貨
1821年発行
直径:39.00ミリ   発行数:7,339枚



表面図:カルル十四世像 裏面図:3国王像
 スウェ-デンは、グスタフヴァサがデンマ-クから政治的独立を獲得、ついで教会財産を没収するなど、大きな改革を行った。その初めが1521年で、1721年には「政治と信教の改革200年記念のリクスダ-レル銀貨を発行。このときはフレデリク一世を除く2国王の肖像が描かれていました。

オ-ストリア「通常貨」

2タ-レル銀貨
1865,66,67年発行
直径:41.00ミリ   発行数:1865年 7,425枚 1866年  10,000枚 1867年 8,300枚



表面図:フランツヨ-ゼフ月桂冠像 裏面図:双頭の鷲
オ-ストリアはタ-レル銀貨の宝庫ではあるが、神聖ロ-マ帝国崩壊以後は2タ-レル銀貨はオ-ストリア南部鉄道完成記念貨と通常タイプの2種(肖像の変化あり)だけでした。

デンマ-ク「1848年の王位継承記念」

1スペシィスダ-レル銀貨
1848年発行
直径:37.50ミリ   発行数:47,000枚



表面図:フレデリク七世像 裏面図:クリスチャン八世像
 デンマ-クでは1670年から前国王が崩御し、新国王が即位すると、それを記念して銀貨を発行しています。これは1848年にクリスチャン八世の崩御とフレデリク七世の即位を記念して発行されましたが、継承記念貨はあまり評価されませんでしたが、デンマ-クの歴史と伝統から考え、名品にあげられるに充分なコインです。

英国「ヴィクトリア・ヤングヘッド」

1クラウン銀貨
1844,45,47年発行
直径:38.00ミリ   発行数:1844年 94,248枚 1845年  159,192枚 1847年 140,976枚



表面図:ヴィクトリア女王若年像 裏面図:王冠と紋章
ヴィクトリアのクラウン銀貨には、ヤング、ゴチック、ジュビリ-、オ-ルドの4タイプがあります。このヤングヘッドの銀貨はゴチックを除いてはもっとも少なく、また状態の良いものも極端に少ない。即位して10年たたぬヴィクトリアの若い肖像が、印象的でもあります。

英領ギアナ「ウィリアム4世」

3ギルダ-銀貨
1832年発行
直径:35.00ミリ   発行数:7,156枚



表面図:ウィリアム4世肖像 裏面図:額面と王冠
英領ギアナには、ジョ-ジ3世の治世下において、1809年と16年に各1種の3ギルダ-銀貨がありますが、いずれも珍品です。このコインの変わった点は英国の植民地でありながら、貨幣単位がギルダ-であること。これは英国領になる以前にオランダ領だったことによるものです。

ウルグアイ「モンテヴィデオ・ペソ」

1ペソ銀貨
1844年発行
直径:38.00ミリ   発行数:1,500枚



表面図:花環で囲む紋章 裏面図:星で囲む額面
 ウルグアイは1842年から51年にかけて内乱時代であり、大統領の座も空位だったためモンテヴィデオ市によって発行されたこの1ペソ銀貨は通称モンテヴィデオ・ペソとして知られ、混乱時のために溶解された数量も少なくなかったと推定されます。

朝鮮「太極1圜銀貨」

1圜銀貨
1888年発行
直径:37.00ミリ   発行数:不詳



表面図:額面一圜を囲む太極と花環 裏面図:竜を囲む銘字
朝鮮の銀貨は、ドイツ人によって準備され、実際の試鋳貨および流通用コインは、日本人技師が製造しました。大型銀貨の中でも5両銀貨がわずか19,923枚の発行で終わり、記録のない太極1圜、李花1圜は極端に少ない製造数だったと推定されます。

オ-ストリア「カ-ル・ル-ドヴィヒ旅行者クラブ完成記念」

1タ-レル銀貨
1877年発行
直径:33.00ミリ   発行数:100枚          



表面図:カ-ル・ル-ドヴィヒ肖像 裏面図:クラブ山荘
このコインはカ-ル・ル-ドヴィヒがラクサルペ山上に旅行者のための山荘を開設したことから、「ラクサルペ」とも呼ばれています。オ-ストリアは比較的多くの銀貨を発行してきましたが、中でもラクサルペは発行数が極端に少ないことから、最大の珍品としてランクされました。

スイス「ク-ル射撃大会」

4フランケン銀貨
1842年発行
直径:38.00ミリ   発行数:6,000枚



表面図:3つの楯と握手する手 裏面図:楯と旗
スイスの1842年から85年にかけて発行された17種の射撃大会シリ-ズのナンバ-3にランクされる名品です。最初の3枚が際立った珍品で、このク-ルの4フランケン銀貨はシリ-ズの中でも屈指の出来栄えといえます。

英国

5シリング銀貨
1902年発行
直径:38.00ミリ   発行数:256,020枚



表面図:エドワ-ド七世像 裏面図:セントジョ-ジ竜退治図
英国のクラウン銀貨はいずれも品格があり立派なコインですが、いずれも発行数が多く19世紀後半以降のものは注目されていなかった。しかし実際に流通された度合いが多かっただけに、状態の良いものは入手しにくい。とくにエドワ-ド七世の肖像を描いたクラウン銀貨が製造されたのは1902年だけだったため、稀品にランクされていました。

アメリカ

1ドル銀貨(初期のシルバ-ダラ-)
1800~1804年発行
直径:39.00ミリ   発行数:1800年 220,920枚 1803年  85,634枚 1804年 19,570枚



表面図:自由の女神像 裏面図:紋章鷲
1785年の議会で貨幣単位をドルと決定、これはボヘミアに発したタ-レルがそのまま英語風にもたらされたもので、1794年にシルバ-ダラ-の製造が開始されました。1798から1804年に製造されたものはようやく近代コインらしさをみせてきました。この初期のものは、一定の鑑賞に堪え得る以上の状態であれば、稀少クラスといわれます。

イタリア

5リレ銀貨
1901年発行
直径:37.00ミリ   発行数:114枚



表面図:エマヌエレ3世像 裏面図:紋章図
エマヌエレ3世は、自身が貨幣研究家として知られているだけに、バラエティ豊富な肖像と美しいコインでも知られる。この1901年の通常タイプの5リレ銀貨はその発行数の極端に少ないことから、今世紀発行の中でも最大の珍品クラスといわれます。

中国・貴州省「自動車道路第1号開通記念」

1円(7銭2分)銀貨
1928年発行
直径:39.00ミリ   発行数:不詳



表面図:紋章、年号、額面文字 裏面図:1920年代の自動車図
通称「貴州の自動車ダラ-」と呼ばれるほど有名で、コイン上には記されていませんが、自動車道路の第1号が完成、開通したのを記念して発行されたものです。中国コインの権威カン博士によると、多少の相違の10種以上が確認されており、多くは試験的に製造されたもといわれてます。

エクアドル

5フラン銀貨
1858年発行
直径:39.00ミリ   発行数:不詳



表面図:自由の女神像 裏面図:国章と旗
エクアドルのコインには目立ったものは見られないが、1846年の8レアル銀貨と1858年に発行されたこの5フラン銀貨は、あまり知られていないにもかかわらず、入手困難な銀貨といえるようです。

西ドイツ「ドイツ博物館100年記念」

5マルク銀貨
1952年発行
直径:29.00ミリ   発行数:200,000枚



表面図:図案化した鷲 裏面図:紋章鷲
西ドイツの記念貨シリ-ズは1955年以前の5マルク銀貨4種に人気があり、中でも1852年にアウフセスにより ニュ-ルンベルグ市に最初の歴史博物館として創設されたドイツ博物館100年を記念して発行された、この記念貨が筆頭といえます。

アメリカ「ハワイ150年記念」

50セント銀貨
1928年発行
直径:30.00ミリ   発行数:9,958枚



表面図:クック船長像 裏面図:土民の酋長像
アメリカの数多い記念貨シリ-ズの中でも、この記念銀貨は10,000枚をわずかに割るシリ-ズ中最少の発行数であること、他国なら普通の記念貨としては僅かとはいえないが、巨大な米国市場に吸収されてしまう要因から、珍品級といえます。

ロシア/アレクサンドル3世記念

1ル-ブル銀貨
1912年発行
直径:34.00ミリ   発行数:2,100枚



表面:アレクサンドル3世像 裏面:記念碑
ロシアには珍品級記念コインが少なくないが、このアレクサンドル3世記念貨もファミリ-ル-ブルやガング-ト海戦記念貨などとも現存数の少なさから、ひけをとらないほどの珍品といえるようです。

ドイツ・ワイマ-ル共和国「チュ-ビンゲン大学創設450年記念」

5マルク銀貨
1927年発行
直径:37.00ミリ   発行数:40,000枚



表面:エ-ベルハルト肖像 裏面:紋章鷲
ヴェルテンベルクのエ-ベルト伯爵により、大学の創設が許可されチュ-ビンゲンに創設されてから450年を記念して3マルクと5マルクの2種が発行されました。シリ-ズの中でも発行数、品格から有数の稀品コインとして評価されてました。

ペルシャ「治世50年記念」

10クラン銀貨
1896年発行
直径:50.00ミリ   発行数:不詳(50~200枚程度)



表面:ナ-スィルッ・ディ-ン・シャ-像 裏面:アラビア文字、王冠、ライオン
アジアで、近代コインとしては最大のクラウンサイズの大型銀貨で、発行数が少なくオ-クションなどにもなかなか登場しない程。これは「治世50年」を記念して発行されたもので、同じサイズのコインは1884、1890年にも発行された。

フランス

5フラン銀貨
1815年発行
直径:37.00ミリ   発行数:1,385,734枚      



表面図:ナポレオン月桂冠像 裏面図:額面と年号
1815年銘のタイプは,ナポレオンがエルバ島からパリに戻り,ワーテルロー会戦で敗れるまでのわずか3か月程度の期間だったこと,発行数は多いがナポレオン没後王位に即いたルイ18世が相当数溶解したと思われることから、珍品となっています。

ダンチヒ

5グルデン銀貨
1923/27年発行
直径:35.00ミリ   発行数:1923年700,500枚 1927年160,000枚



表面図:市街の教会と家々 裏面図:紋章と額面
ダンチヒは現在ポ-ランド名でグダニスクと呼ばれ歴史は古い。このコインの発行数は多いが、通常タイプでもあり、また第2次大戦によって失われた数も少なくないと考えられています。デザインは亀の子文字との調和もよく優れています。

イスラエル独立15年「航海記念」

5ポンド銀貨
1963年発行
直径:34.00ミリ   発行数:未使用5990枚 プル-フ4500枚



表面図:汽船のマストと額面 裏面図:古代のガレ-船
テ-マはヘブライ人が古くから航海に活躍したことを取り上げた独立記念貨で、発行後3年にして稀品化したコインで、デザインの美しさからも名品としての評価も高い。

イタリア・サルディニア

5リレ銀貨
1816~20年発行
直径:37.00ミリ   発行数:不詳



表面図:エマヌエレ一世像 裏面図:鎖で囲まれた王冠紋章19世紀の中期までのイタリアは、小国が分立した状態にあり、それらの諸国が独自にコインを鋳造していました。サルディニアによるイタリア王国建設以前にも、数多くの珍品、あるいは名品コインが発行されました。

ドイツ・フランクフルト

2タ-レル銀貨
1840~44年発行
直径:41.00ミリ   発行数:不詳



表面図:フランクフルト中心部 裏面図:花環の中に額面
フランクフルトには4種の2タ-レル銀貨がありますが、最後に発行されましたフランコニアを描いたタイプ以外は稀品級にランクされており、このコインも名品にふさわしいコインといえます。

ドイツ・ホ-エンツォレルン ジグマリンゲン

2タ-レル銀貨
1841~43年発行
直径:41.00ミリ   発行数:各年号2,857枚



表面図:カ-ル公爵像 裏面図:花環の中に額面と年号
ホ-エンツォレルン ジグマリンゲンには、2種の2タ-レル銀貨があります。ここに取り上げましたのは1841年から43年にかけ発行されました通貨会議での共通デザイン(裏面のみ)のタイプですが、1844年から47年にかけてのものも同じように少ない鋳造数からも、名品、珍品にランクされる資格充分といえます。

アルバニア

5フランカ アリ銀貨
1925~27年発行
直径:37.00ミリ   発行数:不詳(推定1600~2000枚)



表面図:ア-メット ズォグ-像 裏面図:入植者の農耕図
ア-メット ズォグ-の在任中に、イタリア後援による国立銀行によってこの銀貨は発行されました。アルバニのコインはほとんど外国に製造を依頼しておりこの銀貨もロ-マ、ウィ-ンにおいて鋳造されました。

スイス/グラルス射撃大会記念

40バッツェン銀貨
1847年発行
直径:39.00ミリ   発行数:3,200枚



表面:楯と花環図 裏面:握手の手と旗と小銃
連邦射撃大会の記念貨は17種あり、最初に発行された3種は特に珍しく、そのどれもがまるで美術メダルのような美しさがあり名品で、この2番目に発行されたグラルス大会記念貨は風格もあります。

ドイツ・ワイマ-ル共和国/ブレマハ-フェン創設100年記念

5ライヒスマルク銀貨
1927年発行
直径:37.00ミリ   発行数:50,000枚



表面:19世紀の大型帆船と紋章図 裏面:楯に羽根を拡げた鷲図
ワイマ-ルには数多くのすぐれた記念銀貨がありますが、中でもこの5マルク記念貨はデザインの美しさ、発行数の少なさから、珍品となっておりドイツコインの近年における高い評価は、すべてワイマ-ル共和国の記念銀貨に端を発したと言っても過言ではありません。

英国

1クラウン銀貨
1847年発行
直径:38.00ミリ   発行数:8,000枚



表面:若きヴィクトリア女王冠像 裏面:イングランド他紋章図
通称ゴチッククラウンとして知られ、デザイン出来栄えのよさから、あまりにも有名で、発行数量からみれば稀品のランクにどうやらといった程度ではありますが、その人気の点ではトップクラスにあるといえます。英国のみならず、19世紀における大型銀貨の中で最も美しいコインといえ、プル-フ仕上げも多くみられます。

ドイツ-ヴェルテンベルク「ウルム・ミュンスタ- 再建記念

2タ-レル銀貨
1869/71年発行
直径:40.00ミリ   発行数:不詳



表面図:カ-ル王肖像 裏面図:ウルムミュンスタ-
ドイツの数多い2タ-レル銀貨の中でも、ゴチック風建築が見事なウルムミュンスタ-聖堂を描いたこのコインは最も美しいもののひとつです。

カッタロ

10フラン銀貨
1813年発行
直径:44.00ミリ   発行数:不詳



表面図:王冠とナポレオンのN字 裏面図:大砲、小銃、剣
カッタロはモンテネグロの港湾都市で古くから栄えていましたが、その帰属は目まぐるしく変わり、その内13年間はフランス領となるも、英国艦隊に支援されたモンテネグロ軍がカッタロのフランス軍を5ヶ月にわたって包囲戦を行った。この間にフランス軍司令官は兵士の給料や物資調達を目的とした3種の銀貨1,5,10フランを発行しました。

ロシア「ガング-ト海戦200年記念」

1ル-ブル銀貨
1914年発行
直径:34.00ミリ   発行数:30,000枚(大半が溶解された)



表面図:ピヨ-トル大帝肖像 裏面図:ビザンツの双頭の鷲
このコインは、1714年ピョ-トル大帝がスェ-デンとのガング-ト海戦において完全勝利をおさめてから200年を記念して発行されましたが、第1次大戦突入のため発行後数年間は全くその存在を知られず、若干を残して溶解されたためか市中に出たのは発行総数の内のごく僅かでした。

ドイツ-ロイス・エ-ベルスドルフ「在位25年記念」

2タ-レル銀貨
1847年発行
直径:40.00ミリ   発行数:不詳



表面図:ハインリヒ二世公爵頭像 裏面図:王冠を戴いた紋章
エ-ベルスドルフは1806年にライン同盟に加わり、1866年に北ドイツ連邦に加盟。ロイス・エ-ベルスドルフには、この銀貨を含め3種の大型銀貨があり、いずれも稀品として知られてます。

ドイツ領ニュ-ギニア

5マルク銀貨
1894年発行
直径:38.00ミリ   発行数:19,094枚



表面図:花環で囲む額面と年号 裏面図:枝にとまった極楽鳥
この地で使用されたコインは、金、銀、銅からなる9種が発行されました。なかでも金貨を除けば5マルク銀貨のその美しい極楽鳥のデザインとともに評価が高く名品といえます。

イル・ド・フランス

10リ-ブル銀貨
1810年発行
直径:39.00ミリ   発行数:不詳



表面図:ボナパルト家を象徴する鷲 裏面図:花環に囲まれた額面と年号
イル・ド・フランスとは、一般にパリ県の通称。ここでは文字通り'フランスの島'と解釈。マダガスカル島のインド洋上にある島。この大型銀貨は、一連のナポレオンコインの一種に数えられ、1810年頃のナポレオンの絶頂期に発行され数は少なかったと考えられました。

グアテマラ

1ケトサル銀貨
1925年発行
直径:38.00ミリ   発行数:10,000



表面図:円柱にとまったケトサル鳥 裏面図:憲章にとまったケトサル鳥
通貨単位のケトサルはグアテマラの国鳥ケトサル鳥の名から由来していることから珍しい。このコインが注目されだしたのは、なんといっても7,000枚が溶解されたことが明らかになってからといわれます。

イタリア(ナポリ=両シチリア)

5リレ銀貨
1812/13年発行
直径:37.00ミリ   発行数:不詳



表面:ジィオアキィノ・ナポレオン像 裏面:紋章図
ナポリ王ジィオアキィノ・ナポレオンことミュラ-将軍の肖像を描いたクラウンサイズのコインは2種あり、いずれも知られざる珍品といわれる。 1812年と13年の5リレ銀貨は、ナポリのコインの中で、十進法が使用された1810年から13年までの唯一の大型銀貨です。

中国(甘粛省)

一円銀貨
1914年発行
直径:39.00ミリ   発行数:不詳



表面:軍服の袁世凱大総統像 裏面:大麦の花環に壹圓の文字
中国には数多くの珍品コインが見られますが、流通された珍品としてこの銀貨が挙げられます。これは中華民国で1914年に発行されたものに甘粛の文字を加えただけのものですが、発行数が極めて少ない上に、使用されたこともあって珍品となりました。特に甘粛の文字がはっきりしていないものが多く良状態を求めることは難しいと言われた程です。

ザンジバル

1リアル銀貨
1882年発行
直径:39.00ミリ   発行数:不詳



表面:イブン・サイドを庇護する銘字 裏面:額面と回教歴1299年号銘字
ザンジバルは現在のタンザニアで、ザンジバルとして発行された唯一のクラウン銀貨。ブルガシュ・イブン・サイド(1870~1888)がサルタンとして発行したもので、アラビア文字の単調な図のため人気は今ひとつでしたが、入手しにくいことは確かのようでした。

ドイツ/ザクセン・コ-ブルク・ゴ-タ

5マルク銀貨
1907年発行
直径:39.00ミリ   発行数:10,000枚








表面:カ-ル・エデュアルト肖像 裏面:ドイツ帝国鷲の紋章
ザクセン・コ-ブルク・ゴ-タには、ドイツ帝国が成立してから2種の5マルク銀貨が発行されています。1895年に発行されたアルフレットの肖像を描いたもので、発行数4,000枚ということから稀品とされていましたが、近年ではこのカ-ル・エデュアルトの銀貨が同等に見られました。

モナコ

5フラン銀貨
1837年発行
直径:37.00ミリ   発行数:不詳



表面:オノレ五世肖像 裏面:グリマルディ家紋章と王冠
モナコは968年にグリマルディ家により支配され、以後は一時的にスペインの影響下にありましたが、ほとんどがフランスとスペインの支配下にありました。そしてオノレ五世(1819~1841)の在位時代には完全にフランスに従属、額面やデザインに影響がみられます。1900年以前にわずか2種のクラウンサイズ銀貨が発行され、数少なく珍品とされています。

ニュ-ジ-ランド「ワイタンギ条約記念」

1クラウン銀貨
1935年発行
直径:38.00ミリ   発行数:1,128枚



表面:ジョ-ジ五世肖像 裏面:マオリ族酋長とホブソン総督像
通称ワイタンギ・クラウンと呼ばれ、一般的には1840年に結ばれたワイタンギ条約を記念したものとされてますが、実際にはジョ-ジ五世在位25年を記念したもと思われています。

ロシア「皇族記念」

1-1/2ル-ブル銀貨
1835~36年発行
直径:40.00ミリ   発行数:1835年不詳  1836年約50枚



表面:ニコライ一世肖像 裏面:皇妃と7人の大公及び大公女
通称ファミリ-・ル-ブルと呼ばれロシア記念銀貨の中でも一番の珍品といわれ極めて発行数が少ない。皇族を記念して発行されましたが、コイン上には記念を意味する銘字は見られません。

オ-ストリア「南部鉄道完成記念」

2フェルアインスタ-レル銀貨
1857年発行
直径:40.00ミリ   発行数:1,644枚



表面:フランツ・ヨ-ゼフ若年像 裏面:レンガ造りの灯台
オ-ストリ-・ハンガリ-帝国の首都ウィ-ンからアドリア海の重要港トリエステ、さらにヴェネツィアを結ぶ南部鉄道は狭軌なのを広軌に変更するとともに、単線を複線化しました。裏面に灯台を挟んで機関車、帆船とウィ-ン市、トリエステ市の紋章が描かれています。

エル・サルバドル

1コロン銀貨
1925年発行
直径:37.00ミリ   発行数:2,000枚



表面:征服者アルバラドと大統領像 裏面:紋章と旗
1524年に征服者コルテスの部下アルバラド兄弟によりサルバドルを1年たらずで占領、この地に新しい植民市を建設して、1528年にエル・サルバドルの首都としました。当初はあまり注目されなかったものの発行数の少ないことから知られざる珍品といえるかもしれません。

ヴァチカン(教皇領)「セデ・ヴァカンテ」

スクド銀貨
1846年発行
直径:37.00ミリ   発行数:不詳



表面図:教皇の権力の象徴と紋章 裏面図:光に囲まれた鳩
ラテン語でセデ・ヴァカンテ「空位期間」すなわち、教皇が没し新しい教皇を選挙するまでの空位期間をこう呼びました。この期間で発行されたスクド銀貨の中でも1846年のゲオルギウス16世が没し、ピウス9世が教皇になるまでの間に発行されたのが最後になり、稀少性という意味でも珍品といえるのではないでしょうか。

スイス(ジュネ-ヴ)

10フラン銀貨
1848年発行
直径:48.00ミリ   発行数:385枚



表面図:ジュネ-ブ紋章楯 裏面図:額面銘字
スイスは古くから小さな州(カントン)が連邦を形成し、それぞれの貨幣制度によりコインを発行してました。このコインは連邦最後の年の1848年に発行され、数少ない発行数にもかかわらず、通常貨としての性格をもっていました。

シャム

4ティカル銀貨
1860年発行
直径:44.00ミリ   発行数:推定50枚



表面図:日傘と王冠 裏面図:シャム王国銘字
シャム(現在のタイ)のコインは古くから銀貨を中心としており、中でも珍品として知られていますのが、ラマ4世(1851~68)在位中に発行の4ティカル銀貨です。銘字の「鄭明」はシャムを表しますが、漢字は華僑の影響力があったものと思われます。

コモロ諸島

5フラン銀貨
1890年発行
直径:37.00ミリ   発行数:2,050枚



表面:各種武器図 裏面:コモロとフランスの国旗
1886年フランスの保護領下に入ったコモロ諸島は、1890年にフランスの通貨を用いて3種のコインを発行しました。中でも5フラン銀貨は、その特異な意匠と少ない発行数から、世界のクラウン銀貨の名品として知られているのです。

ドイツ・ワイマ-ル「ゲ-テ死去100年記念」

5ライヒスマルク銀貨
1932年発行
直径:37.00ミリ   発行数:20,000枚



表面:ゲ-テ像 裏面:ドイツ鷲の紋章
ドイツ・ワイマ-ル共和国の記念銀貨は額面3と5ライヒスマルク、鋳造は6ヶ所の造幣局で造られました。中でも珍品として名高いのはゲ-テ死去100年記念5ライヒスマルク銀貨で、カ-ルスル-エ造幣局で造られたのは最も少なく1,220枚でした。

中国(大清帝国)

一両銀貨
1867年発行
直径:40.50ミリ   発行数:不詳



表面:ハノ-ヴァ-王朝の紋章 裏面:竜と上海壹両の銘字
香港で造られたこの銀貨は、英国ハノ-ヴァの紋章と周囲の文字(邪念を抱く者に災いあれ)がもとで北京当局が難色を示し採用しなかった為、このタイプのコインがすべて廃棄されたことで、現存数わずかな大珍品となってしまいました。

カンボジア

1ピアストル銀貨
1860年発行
直径:38,00ミリ   発行数:200枚





表面:ノロドム一世像 裏面:紋章
このコインの発行は、フランスの保護領となる3年前、ノロドム一世の即位した翌年で、発行数ついて一説には50枚程度ともいわれており、次第に注目され知られざる珍品というよりは、むしろ世界の名品といえましょう。

イタリア

5リレ銀貨
1914年発行
直径:37,00ミリ   発行数:不詳



表面:エマヌエレ三世像 裏面:古代ロ-マの四頭立二輪戦車
エマヌエレ三世はコインの収集家で研究家としても有名で、在位中に大型銀貨を6種に自分の肖像を描かせ発行しました。1901年の銀貨はわずか114枚という少なさ、5リレ銀貨は通常貨として毎年発行予定でしたが、1914年に勃発した第一次大戦で停止、殆ど流通用として国内に出ることもなく、鋳造数も少なく、溶解されてしまったともいわれます。この1914年銀貨はデザインの良さから人気を高めました。

ドイツ第三帝国/シラ-生誕175年記念

5マルク銀貨
1934年発行
直径:29.00ミリ   発行数:100,000枚





表面:シラ-像 裏面:紋章図
シラ-は詩人、戯曲家、哲学者として名高く、生誕175年を記念して発行されたこの銀貨はドイツ第三帝国の数少ない記念銀貨のひとつです。当初それほど注目されませんでしたが、第二次大戦などで相当数が失われ現存数が減少したと思われます。プル-フ貨も発行されており珍品とされています。

オ-ストリア/クッテンベルク鉱山再開記念

2フロ-リン銀貨
1887年発行
直径:35.00ミリ   発行数:400枚



表面図:フランツ・ヨ-ゼフ月桂冠像 裏面図:ザンクト・バルバラ教会
 オ-ストリアの記念コインで、発行数が極端に少ない3種のうちのひとつがこの記念貨です。クッテンベルクは13世紀に銀が発見され発展したが、1618年からの30年戦争でさびれ閉山されましたが、再開され記念して発行されたのがこの銀貨です。ザンクト・バルバラ教会はクッテンベルク鉱山の守護者。

ロシア/ボロジノ記念碑建設記念

1-1/2ル-ブル銀貨
1839年発行
直径:40.00ミリ   発行数:6,000枚(大半が溶解)



表面図:アレクサンダー一世像
裏面図:ボロジノ会戦記念碑
ボロジノにおいて、ナポレオン軍の前進を食い止めるべく戦われた大激戦を記念した碑が完成したのを記念して発行されましたが、発行直後に大半が溶解されたことから、稀品性が強くなりました

仏領インドシナ

1ピアストル銀貨
1890年発行
直径:39.00ミリ   発行数:6,108枚



表面図:束桿を手にした自由の女神
裏面図:花環の中に額面

仏領インドシナ、すなわち現在のベトナム、ラオス、カンジアがフランスの植民地となって以来、ピアストル銀貨広く現地の人に親しまれていました。これはその植民地が本格的に開始された1862年以降、この方面に流通しいたメキシコやアメリカの貿易銀に代わるものとして188年から発行されるようになりました。仏領インドシナのピストル銀貨は、安物クラウン銀貨の代名詞的存在でした、中には1890年銘のように年号によってはたいへんな珍品も存在します。

1890年銘は、その発行数が6,108枚と少なく、次にない1910年銘が76万枚ですから、いかに少ないかが判りいただけると思います。すなわち記念コイン的にみまと、発行数は実に100枚見当といえるのでは。それだけこのコインが知られざる大珍品であることを実証しています。

スイス・ソルツルン/射撃大会記念

5フラン銀貨
1855年発行
直径:37.00ミリ   発行数:3,000枚



表面図:ヘルベチア座像と楯 裏面図:花環と額面と年号銘字
スイスの1842年から1885年にかけての射撃大会にちなんだシリ-ズコインは、世界的に評価の高いコインです。そのどれもがデザイン的に優れ、発行数が少ない為、近年ますます入手困難となっています。
この17種からなるシリ-ズの中、最初の三種である1842年のグラウビュンデンの4フランケン銀貨、1847年のグラルスの40バ-ツェン銀貨、それに1855年のソルツルンの5フラン銀貨が大きなウェ-トを占めています。とりわけソルツルンの銀貨は、その発行枚数が3,000枚とシリ-ズ最少であることから、入手の機会が少なくなってきたといえます。
このソルツルン銀貨で注目されることは、17種の射撃大会コインにおける唯一デザイン共有貨で通常貨タイプの5フラン銀貨の表裏デザインをそのまま採用している点です。違いは通常貨のギザ縁に対して、縁に銘字がある点です。デザインの面白さよりも、むしろ稀少性だけで珍品化したコインといえます。

日本/天正長大判金

後藤栄乗 書  元書
1592年発行(文禄期)
(量目 165.4g) 長径:171ミリ 横径:115ミリ



豊臣秀吉は天正16年(1588)から、史上でもっとも絢爛豪華な天正大判を製造しました。
表面に中央上部から拾両、後藤、下部に後藤の花押が墨書きで大判座後藤家により
書かれ、上下・左右に桐紋が打たれており、はじめての定量大判として
量目44匁(165グラム)と定めました。
秀吉は天正17年(1589)5月に天正大判4700枚、その他の金、銀をばら撒いて
聚楽第で有名な「大閤の金くばり」を行い、勢力を誇示しました。

当時日本は、世界一の産金国であったと思われ、各地より大量の金銀を献上させた
秀吉の辣腕ぶりがしのばれます。天正大判には数種類ありますが、この中でも
世界最大の金貨と世界に 馳せた長大判は世界トップレベルの名品といえるでしょう。
現存数少ない長大判の中でも長径が165ミリを超える判は非常に稀少で、
驚くことに本品は、171ミリで最大級と思われます。
また、長大判の桐紋は10ミリと天正大判に比べ1ミリほど小型であるのが特徴です。
本品は大型で、墨書き、判ともに最高の保存状態であり、名品中の名品なのです。

全ての記事を見る

Home > 2.コイン収集 > 世界の名品珍品 Archive

検索
Feeds

世界の記念硬貨販売!泰星コインオンラインショップ

Return to page top