Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > 穴銭収集の魅力

穴銭収集の魅力

『穴銭』といっても国内鋳造のものから、渡来銭~輸入銭まで様々なものがありますが、私は国内外問わずに、『穴銭』に沢山の魅力を感じます。

 
穴銭は「明治時代以降の近代銭」と見比べると、時代も古いものばかりですので土や錆等、汚れがみられるものが多いですよね。でも、こういった汚れが、ン百年も前に実際の商業取り引きで使用されていたんだなぁとイメージすると、その時代背景が頭に浮かんでくるようで、なんともわくわくしてきて、楽しくなります。
 
 また、付着している土や錆が彼等の時代性を物語ってくれているようで、古き良きものとしての"趣き"を感じさせてくれます。書体も様々で、微妙に違ってきたりするところも、今の貨幣と違って"手作り"のよさを実感させてくれます。
 さらに、穴銭の名称をとっても、ひとつひとつ面白く、平和や商売繁盛を込めて名付けられたようなものが多いのも面白いですよね。(太平天国や裕民通宝、永楽通宝等等)

細かい書体分類までは私には分からないのですが、貨幣カタログ掲載の範囲内でもいろいろな種類の穴銭を楽しめるところは、初心者でも十分、楽しめる収集分野でもあると思います。


より専門的に収集するとなると、予算もかかるし、もっともっと勉強しないとなりませんが、気軽に楽しむ分には貨幣カタログ掲載の分類でも十分に楽しめるところも穴銭の魅力のひとつかもしれませんね。




2004年11月19日
PN:でんちゃんjr. 東京都 30代男性

関連エントリー

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバック URL
http://150.60.31.72/cmt/mt-tb.cgi/24
Listed below are links to weblogs that reference
穴銭収集の魅力 from TAISEI BLOG

Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > 穴銭収集の魅力

検索
Feeds

世界の記念硬貨販売!泰星コインオンラインショップ

Return to page top