Home > 2.コイン収集 > | 世界の名品珍品 > 仏領インドシナ

仏領インドシナ

1ピアストル銀貨
1890年発行
直径:39.00ミリ   発行数:6,108枚



表面図:束桿を手にした自由の女神
裏面図:花環の中に額面

仏領インドシナ、すなわち現在のベトナム、ラオス、カンジアがフランスの植民地となって以来、ピアストル銀貨広く現地の人に親しまれていました。これはその植民地が本格的に開始された1862年以降、この方面に流通しいたメキシコやアメリカの貿易銀に代わるものとして188年から発行されるようになりました。仏領インドシナのピストル銀貨は、安物クラウン銀貨の代名詞的存在でした、中には1890年銘のように年号によってはたいへんな珍品も存在します。

1890年銘は、その発行数が6,108枚と少なく、次にない1910年銘が76万枚ですから、いかに少ないかが判りいただけると思います。すなわち記念コイン的にみまと、発行数は実に100枚見当といえるのでは。それだけこのコインが知られざる大珍品であることを実証しています。

関連エントリー

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバック URL
http://150.60.31.72/cmt/mt-tb.cgi/85
Listed below are links to weblogs that reference
仏領インドシナ from TAISEI BLOG

Home > 2.コイン収集 > | 世界の名品珍品 > 仏領インドシナ

検索
Feeds

世界の記念硬貨販売!泰星コインオンラインショップ

Return to page top