Home > 2.コイン収集 > | 世界の名品珍品 > 日本/天正長大判金

日本/天正長大判金

後藤栄乗 書  元書
1592年発行(文禄期)
(量目 165.4g) 長径:171ミリ 横径:115ミリ



豊臣秀吉は天正16年(1588)から、史上でもっとも絢爛豪華な天正大判を製造しました。
表面に中央上部から拾両、後藤、下部に後藤の花押が墨書きで大判座後藤家により
書かれ、上下・左右に桐紋が打たれており、はじめての定量大判として
量目44匁(165グラム)と定めました。
秀吉は天正17年(1589)5月に天正大判4700枚、その他の金、銀をばら撒いて
聚楽第で有名な「大閤の金くばり」を行い、勢力を誇示しました。

当時日本は、世界一の産金国であったと思われ、各地より大量の金銀を献上させた
秀吉の辣腕ぶりがしのばれます。天正大判には数種類ありますが、この中でも
世界最大の金貨と世界に 馳せた長大判は世界トップレベルの名品といえるでしょう。
現存数少ない長大判の中でも長径が165ミリを超える判は非常に稀少で、
驚くことに本品は、171ミリで最大級と思われます。
また、長大判の桐紋は10ミリと天正大判に比べ1ミリほど小型であるのが特徴です。
本品は大型で、墨書き、判ともに最高の保存状態であり、名品中の名品なのです。

関連エントリー

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバック URL
http://150.60.31.72/cmt/mt-tb.cgi/83
Listed below are links to weblogs that reference
日本/天正長大判金 from TAISEI BLOG

Home > 2.コイン収集 > | 世界の名品珍品 > 日本/天正長大判金

検索
Feeds

世界の記念硬貨販売!泰星コインオンラインショップ

Return to page top