Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > コイン蒐集の動機と現在

コイン蒐集の動機と現在

もともとコインを集めはじめたのは5歳の頃で、中国の青島に父の弟が豊田自動機の工場で役をおおせつかっていた頃で中華民国の貨幣に興味を持ったからでした。大戦中も満州や南方諸国のコインを趣収していました。しかし第二次大戦終結で目にすることができなくなりました。半世紀程前、泰星スタンプコインの社長で大学の教授の岡政道先生からお便りを頂いて再び蒐集を始めました。単に入手だけでなくコインの持つ魅力にとりつかれ
"泰星マンスリー"にも何度と掲載していただきました。

内容としては、"南方の島々""音楽史"、"飛行機の発達史"、こどもの生活・・・特に愛知県での"IYU"は記事がいくらでもありました。こんなことでコインの数は多くなり記事を書く為の資料のコイン写真は数千枚にとなりました。現在も籍をおいています名古屋博物館のガイドボランティアとしましても愛知の歴史を知るためのコインのスライドを作成し皆様に見ていただくという方法をとっています。とにかく世界を知るため歴史を知るためのコインのすばらしい刻印にはいつも"とりこ"になっています。生のある限り蒐集をし、文字と写真に表現したいと思っています。

2008年2月27日
PN:匿名

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバック URL
http://150.60.31.72/cmt/mt-tb.cgi/74
Listed below are links to weblogs that reference
コイン蒐集の動機と現在 from TAISEI BLOG

Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > コイン蒐集の動機と現在

検索
Feeds

世界の記念硬貨販売!泰星コインオンラインショップ

Return to page top