Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > 懐旧の£・s・d

懐旧の£・s・d

1963年3月、英国ケント州の某町役場に外国人登録をするため、バスで出かけた。下宿で借りた2'6白銅貨(当時126円)を車掌に渡したら、お釣りに数枚のコインを渡された。これが私の貨幣収集の始まりであった。
釣銭には6d白銅、12角厚手の3d黄銅貨と巨大なペニー銅貨が何枚かあった。その後、毎週ロンドン市内に出るうちバスや駅で受け取った釣銭を調べ年号と状態を見て良いものを残した。ある日バスで受け取ったペニー銅貨のうち、丁度百年前のものが一枚あった。
擦り減ってツルツルだが1863年に間違いない。特にこの一枚は記念物として残した。
夏目漱石は1900年から2年ほどロンドンに住んだ。彼がその間手にしたのと同種の貨幣が60年後も流通していたとは驚いた。それで状態は悪いが2'6や2'の大型金貨も集めた。半年ほど後、市内に移った。その頃から日本人のお客さんが増え、私も案内や通訳のお手伝いをした。謝礼を頂いた折は貯めておき時々市中の貴金属店でソヴリン(£1)
半ソヴリン金貨を買った。これらはホームズの探偵小説で昔からお馴染み?のコインである。日本に帰ってからモーンディ・マネーなる小型銀貨セットを取寄せたりして私の英貨コレクションは数だけは多くなった。1971年、英国貨幣は十進法になり伝統は絶たれた。昔イギリス王国の一部であったアイルランド(王国)はユーロ圏に入っている。英国でも既に商品価格にユーロを併記する店などもある由である。英国もユーロ圏に併呑される日がやがて訪れるのではないかと危惧するのは私だけであろうか。
私も今や70代、ささやかな英貨コレクションをどの孫に譲るべきか思案している。

2008年2月27日
PN:Tea Tea

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバック URL
http://150.60.31.72/cmt/mt-tb.cgi/73
Listed below are links to weblogs that reference
懐旧の£・s・d from TAISEI BLOG

Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > 懐旧の£・s・d

検索
Feeds

世界の記念硬貨販売!泰星コインオンラインショップ

Return to page top