Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > コインが秘める物語に魅せられて

コインが秘める物語に魅せられて

先日、机の引き出しを整理していると、1枚のシルバーコインが出てきました。1964年に開催された東京オリンピック大会の記念シルバーコインです。図柄に採用されている「富士山に桜」は、列島改造論に沸いた当時の高度成長期にふさわしいもので、懐かしい思い出にふけりました。たまたま「世界の大型銀貨コレクション」の案内が泰星コインさんからとどき、早速申し込みました。

1904年発行の日本の一円銀貨は龍の図柄で、列強に伍して世界へ乗り出した明治の人々の気骨がみなぎっています。また、1908年に発行されたメキシコの「自由の帽子貿易銀」は、鷹が蛇を攻撃しているデザインで、蛇はスペインに例えた解放運動の成果を表したものです。
つゞいて「世界の人気金貨コレクション」の紹介もあり、購入することにしました。銀貨のもつ重厚な輝きとは一味違う華やかなきらめきは、また格別です。

1898年発行の英国のヴィクトリア金貨は、表面に「ヴィクトリア女王」、裏面に「聖ジョージと龍」が刻まれ、ヴィクトリア朝と称される時代の輝きと、7つの海を支配した昔日の栄光を今に伝えるものです。
現在は同様に紹介のあった、2ユーロ記念貨コレクションを収集しています。表面のデザインは各国共通ですが、裏面は独自の図柄となっており、とりわけ2004年発行のバチカン市国建国75周年記念コインは、カトリック教会の総本山サン・ピエトロ大聖堂とベルニーニ広場がデザインされています。
 コインの輝きとは特有の時代背景と歴史、さらに内容豊かな物語が秘められています。今後も泰星コインさんを介して、世界のコインの収集をつゞけていきます。

2007年8月22日
PN:あすなろ 70代男性

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバック URL
http://150.60.31.72/cmt/mt-tb.cgi/64
Listed below are links to weblogs that reference
コインが秘める物語に魅せられて from TAISEI BLOG

Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > コインが秘める物語に魅せられて

検索
Feeds

世界の記念硬貨販売!泰星コインオンラインショップ

Return to page top