Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > 私の宝もの

私の宝もの

そもそも、私の収集癖は切手ではなく、古銭の収集に始まった。小学生の頃、子供達の間に切手収集の大ブームが広がった。つまり「月に雁」とか「見返り美人」の切手が、高値の花であった頃の事である。
私は、みんなが切手の収集に夢中になっていた頃、切手と引き替えに、一生懸命、古銭を集めていた。お菓子のおまけに付いていたカードを集めて、古銭のカタログを送って貰ったこともあった。この頃、知ったのが泰星スタンプという会社であった。今もこの会社からはカタログを送ってくる。
古銭の収集方法は多岐にわたっていた。中でも思い出深いのは、お使いで行った八百屋のレジの中に見つけた古銭の事である。「寛平大宝」という小さな古銭である。皇朝十二銭というものの一つであり、偽物でないとすれば、かなり貴重で高価なものである。何気なく見つけたこの古銭、店の人に恐る恐る貰えないかと聞いてみた。意外に気安くOKが出て、喜び勇んで家に帰った日の事を思い出す。
 その後、小学校の掲示板に貼られた社会学の資料の中に、この「皇朝十二銭」が写真入りで載っていた。その一つが、お店で貰った古銭の一つだったのだ。その時の喜びは今でも忘れない。誰に語ることなく、自分一人で喜んでいた。
収集というものは不思議なもので、一生懸命になっていると、色んなところへと収集のルートが広がるものである。偶然に座ったお堂の軒下からでも、鉄で出来た寛永通宝を見つけた事もあった。
 そんな訳で、中学校に入って交友関係が広がるに連れ益々、収集範囲が広まっていった。

しかし、高価なものは、なかなか手には入らなかった。「貿易銀」と言われる明治時代に使われた特殊な銀貨や、「一円銀貨」と言われるような、大きな銀貨は友人に見せて貰っただけで、結局、手に入れる事は出来なかった。
 ある日、父の商売仲間でもある古物商の人が家に来たことがある。戦後、ものの不自由な頃、田舎を回って買い集めたという古銭や骨董品の中に、こんなものがあったと腰に大きな真鍮製の古銭をぶら下げていた。古銭はきれいに磨かれており、見事なものであった。恐らくは大陸の方で使われていたものらしい。それを見たとき、喉から手がでそうになるくらい欲しかった。結局、そのおじさんは手に入れたいきさつだけを自慢げに話しただけで、触らせてもくれなかった。重量感のある大きな古銭は今でも脳裏に焼き付いている。

 その他にも、こんな苦い思い出もある。弟の友達に切手に目がない子供がいた。私は大切にしていた使用済みの「月と雁」の切手と「見返り美人」の切手とで、二百円札という戦前の珍しいお札とを交換した。それまで目にしたこともないような珍しいものであった。喜び勇んで、そっとしまい込んでいた。
 ところが、喜びもつかの間、その子の親が訪ねてきて、お札を返してくれと言い始めたのだ。どうやら親に内緒で持ち出したものらしく、僕は、言い逃れの嘘をついてでも、自分のものにしておきたかった。
 しかし、嘘はつけなかった。仕方なく、交換したお札をすべて返した。戦前の二百円と言えば大変な大金だ。そんな、お札が交換したもの以外にも、たくさんあったのだから驚きである。いったい、どんないきさつから、そんな大金が使われもせず、その家に蓄えられていたのだろう。

古銭の収集も今は開店休業状態である。収集する方法もなくなったし、意欲も薄れてしまった。最近は細々と、近年発行された硬貨のセットを通信販売で買っているに過ぎない。
 また、本屋さんや百貨店といったところに展示販売されているのを見ると、欲しくなって時々買う事もある。一度に大量に手に入れることは、大変難しい時代になった。
家内の実家にあった丁銀や小粒といった江戸時代の銀貨や、一分金といった金貨などを譲って貰ったのが、まとめて収集する事の出来た最後だった。家内の実家には、他にもたくさんあったらしいのだが、ほとんどは戦時中、供出という形で国に差し出したということで、その内のわずかなものが残っていたにすぎなかった。恐らくは戦時中、こんな形で多くの古銭が失われてしまったことだろう。

私の収集として、高価なものは何もない。ありふれたものばかりである。本物かどうかは分からないが、唯一、皇朝十二銭の「寛平大宝」が私の宝物である。ちなみに、この古銭を業者に見せた事がある。ちょっと見ただけで偽物だと言った。何を根拠に言ったのか理由は明らかにしなかった。それでも売らないかと持ちかけて来た。偽物だったら、何故買おうと言ったのだろうか。明らかに、人を馬鹿にした話だった。
偽物であろうが何であろうが、私には手に入れた日の思い出がつまった大切な宝物である。

2007年5月23日
PN:もの作り 60代男性

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバック URL
http://150.60.31.72/cmt/mt-tb.cgi/60
Listed below are links to weblogs that reference
私の宝もの from TAISEI BLOG

Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > 私の宝もの

検索
Feeds

世界の記念硬貨販売!泰星コインオンラインショップ

Return to page top