Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > 私とコインとの出会いから収集へ

私とコインとの出会いから収集へ

私が十歳頃にお年玉でもらった十銭白銅貨がコインとの出会いでした。今考えてみると、他にも五銭、一銭等のコインがあり、それぞれ表と裏面が異なっているのが面白くなり、お小遣いを使わずに袋に入れ始めたのが収集の初めだったと思われます。ですが、当時は小遣いの残った分を袋に入れる程度でした。本格的に収集を始めたのは、戦争が終わり就職してからだったと思います。

 初めは戦後発行されるコインを発行年別に五十銭、一円、五円、十円、五拾円、百円で、そのかなり後になり五百円も出て加わり、現在も集め続けております。しかし何か物足りなくなり、自分が使用したコインを集めたい、また明治以降の近代コインを集めるようになりました。ですが、明治の金貨が私の収入では手が出ず、それ以外の五銭、十銭、二十銭、五十銭、一円の銀貨を含む戦前~戦中戦後の記念貨すべてを収集しました。そして今度は世界の一般流通コインと記念貨を含め収集しているところですが、アフリカは国も多く、また入手しにくくまだ半分も集まっていません。

 取って置きのコインといえば、ドラキュラのディナール銀貨と1815年発行の皇帝ナポレオンと国王ルイ18世の同年発行の金貨セット、それにソ連が崩壊してロシアになった時のソ連とロシアの同年発行の通常コインです。

2006年1月31日
70代男性 PN:匿名

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバック URL
http://150.60.31.72/cmt/mt-tb.cgi/51
Listed below are links to weblogs that reference
私とコインとの出会いから収集へ from TAISEI BLOG

Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > 私とコインとの出会いから収集へ

検索
Feeds

世界の記念硬貨販売!泰星コインオンラインショップ

Return to page top