Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > 記念硬貨と時代を考える

記念硬貨と時代を考える

私にとっての最初の記念貨といえば、小学生の頃に目にした、家のサイドボードの引き出しに入っていた東京オリンピックの100円銀貨やそのだいぶ後に発行されたつくば博の500円硬貨でした。それらは、おそらく私の親がなんとなく取っておいたものでしょう。

瀬戸大橋開通記念や青函トンネル開通記念などの500円記念硬貨は、母親の勤め先のとなりに銀行があったので、発行した日に母が銀行の顔なじみの方から両替してもらって、帰宅後私に見せてくれました。

まだ子供だった私は、いつものお金とは違うその硬貨に、なんとなく有り難味を感じて見入っていたのを思い出します。

最近は、以前よりもお釣銭の中にあまり記念500円硬貨をみかけなくなった気がします。テレビでも、銀行両替初日の風景を放映するニュースをあまりみかけなくなった気もします。 500円という価値は通常のものと一緒という事がわかっていても、なんとなく記念硬貨にはワクワクした時とは、今はだいぶ時代が変わってしまったのかもしれません。

まして、500円硬貨が発行された当時、もしやそのうち1000円通常貨も登場するのでは?などという淡い期待をしたバブル最盛期はもう二度とは訪れない事でしょう。

それまでお馴染みの聖徳太子の1万円札も姿を消した時は、子供ながらに一抹の淋しさを感じたのを思い出します。さすがに、1万円札を取っておきはしませんでしたが、伊藤博文の千円札、岩倉具視の500円札はピン札を母からわけてもらい、取って置きました。

それらも、特に今もそれ以上の価値はないという事ですが、昭和という時代の「顔」として、重みは十分あると私は思います。

平成になってから、日本はおろか、世界中がなんとなくおかしくなっていると感じますが、さすがに戦時中のように硬貨の材質まで落としていってしまうような、恐ろしい時代にはならないでもらいたいと願う、今日この頃です。


2005年11月9日
東京都 キッコロ

関連エントリー

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバック URL
http://150.60.31.72/cmt/mt-tb.cgi/35
Listed below are links to weblogs that reference
記念硬貨と時代を考える from TAISEI BLOG

Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > 記念硬貨と時代を考える

検索
Feeds

世界の記念硬貨販売!泰星コインオンラインショップ

Return to page top