Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > ヴィクトリア・クラウン銀貨に魅せられて

ヴィクトリア・クラウン銀貨に魅せられて

私はコイン収集をはじめて約15年経ちますが、ヴィクトリア・クラウン銀貨に魅力を感じ、各国のヴィクトリア女王のコインを集め、研究しています。
イギリスの黄金時代、実に65年間も君臨したヴィクトリア女王を描いたコインは、本国および全世界の英領、英連邦に数多くみることが出来ます。

金貨、銀貨、銅貨ありで、しかもヤングタイプ、ジュビリータイプ、オールドタイプと別けられ、且つヤング型、リース型(月桂樹の葉をつけたもの)、王冠型、宝冠型、そのそれぞれにもまた、多少の差異があります。1人の女王を描いたコインで、これほどのバラエティに富んだコインを他に見ることは出来ません。その数多くあるヴィクトリア・コインの中で、全世界の収集家に最も人気があり、愛されているのがゴチックタイプの1クラウン銀貨でしょう。
ゴチック・クラウン銀貨は1847年に8,000枚、1853年に460枚のみ、プルーフ貨として発行され、卓抜な技術、芸術性、品格、美しさ、稀少性等、それぞれが相まって、世界有数の名品のひとつにあげられると思います。

私はしがないサラリーマンで、コイン収集に使えるお金が少ないので、高額なコインはありませんが、15年間のコイン収集で1番のコインはやはり、ゴチック・クラウン銀貨で、いつ見ても、その美しさに魅了され、買って良かったと思います。将来、余裕が出てきたら、今度は<ウナとライオン>の5ポンド金貨かクラウン銀貨を買いたいと考えています。



2005年1月26日
PN:Y ・T 茨城県 50代男性

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバック URL
http://150.60.31.72/cmt/mt-tb.cgi/26
Listed below are links to weblogs that reference
ヴィクトリア・クラウン銀貨に魅せられて from TAISEI BLOG

Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > ヴィクトリア・クラウン銀貨に魅せられて

検索
Feeds

世界の記念硬貨販売!泰星コインオンラインショップ

Return to page top