Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > 子供時代に見ていた本投稿品原品のあこがれ小判が24年後に所蔵者に!!

子供時代に見ていた本投稿品原品のあこがれ小判が24年後に所蔵者に!!

 あるオークション会社からオークションカタログが届き見たところ、表紙にどこかで見たことある大判が出品されているなあと思いカタログを拝見した所、昔から本のカラー写真で見た記憶のある献上大吉小判が三枚出品で私自身が小学生時代から持っていた本を見てオークションカタログと見比べ確かに本投稿品原品だったので心が動きました。

 まずは下見をして当時の本のカラー写真と比べて下手に保存されていないかなどじっくり確認してオークション会場参加を決意しました。僅かの貯金を全ておろし何とか会場で落札できる事を祈ってました。周りの人のカタログを覗き見すると私の目的の小判が三枚ともチェックされていたので内心「落札できないかなぁ?」と思っていました。いよいよ会場で目的小判のLOTが回って来た時は心臓がバクバクしていました。下値百万円からでオークショーナーが金額を読みあげている時は「早くとまってくれ」と思いながらオークショーナーの顔を見つめていました。百五十万円で止まって私のフダを指していたときの喜びは今でも記憶に残っています。落札寸前にオークショーナーが「異式槌目ですからね」と一言でプライス後にオークショーナーが「ありがとうございます」と一言つぶやきました。その後のLOTの二枚目の献上小判も落札できてさらに喜びは増しました。予算の関係でオークション参加はここまででした。

  まさか小学生時代から見ていて「この小判いいなぁ!!魅力あるなぁ!!」と思っていた原品が24年後に私自身が所蔵者になるなんて夢にも思っていませんでした。

 三枚出品中落札した2枚は特に欲しかった品なので今でも満足しています。手に入れた時の記憶は一生忘れる事は無いでしょう。

2008年4月23日
PN:小判最高!!

トラックバック:0

このエントリーへのトラックバック URL
http://150.60.31.72/cmt/mt-tb.cgi/76
Listed below are links to weblogs that reference
子供時代に見ていた本投稿品原品のあこがれ小判が24年後に所蔵者に!! from TAISEI BLOG

Home > 2.コイン収集 > | コイン収集の魅力 > 子供時代に見ていた本投稿品原品のあこがれ小判が24年後に所蔵者に!!

検索
Feeds

世界の記念硬貨販売!泰星コインオンラインショップ

Return to page top